転轍器

古き良き時代の鉄道情景

富山地方鉄道射水線

f:id:c57115:20190504212820j:plain

 富山地方鉄道射水線の始発駅、新富山は富山駅前から市内線の路面電車でしばらく走り、神通川を渡った土手の横にひっそりと設けられていた。八ケ山は新富山から2つめ、北陸本線高山本線を跨いだ先にあり、線路から少し高い位置に三角屋根の小さな駅舎が建っていた。  4連4丁パンタの迫力ある通勤通学電車 八ケ山付近 S51(1976)/9/15

f:id:c57115:20190504212952j:plain

 「新富山⇔新港東口」の前サボを掲げるデ5039は3枚窓で深い屋根と大きな前照灯、頑丈そうな自連受けとその開放テコが印象的。 八ケ山 S51(1976)/9/16