転轍器

古き良き時代の鉄道情景

鬼瀬

f:id:c57115:20191111202349j:plain

 昭和45年夏、久大本線の蒸機列車は久留米口で6往復半、大分口で5往復が健在で大分運転所D60-8輛と豊後森機関区8620-5輛が運用されていた。10月のDL化を目前に落成したばかりのDE101000番台も運用に入ってきて、蒸機牽引列車は風前の灯となっていた。

f:id:c57115:20191111202437j:plain

 鬼瀬は大分川の河岸段丘が狭まった所に位置し、川面から一段上に国道が、そこからもう一段高い築堤上に片面のホームが作られていた。線路の脇は切り立った岩山がそびえ崖っぷちを通る線形であった。 長笛一声で鬼瀬発車を確認、煙の軌跡を追いながら木陰から顔を出したD60を捉える。4つの動輪は撒かれた砂をじりじりと踏みしめながら着実に回転させて迫ってきた。

f:id:c57115:20191111202543j:plain

 上り列車にとって鬼瀬は難所の始まり、岩肌を右にして25‰上り勾配に立ち向う。D60の咆哮は対岸の山に響かせながら櫟木トンネルに入るまで続く。

f:id:c57115:20191111202627j:plain

 断崖絶壁の上まで煙を舞い上げ眼前を熱い鉄の塊が通り過ぎる。線路端の私は興奮の坩堝と化していた。

f:id:c57115:20191111202708j:plain

 D6065〔大〕の牽く大分発豊後森行640レ 久大本線小野屋~鬼瀬 S45(1970)/8/31

f:id:c57115:20191111202821j:plain

 地図で見ると鬼瀬駅から小野屋駅にかけては線路も道路も大分川の蛇行に従っているのがわかる。鬼瀬を発車した列車は上り勾配を進むにつれて高度をかせぎ、車窓から望む川の位置ははるか下方に見えてくる。櫟木トンネルを抜けると景色はなだらかな台地へと変わる。(国土地理院国土基本図から)

三角点描

f:id:c57115:20191106212044j:plain

 三角線は歴史ある路線で、島原や天草への航路連絡として九州鉄道によって明治32年12月に開通、三角駅はその時に開業した駅である。この時期の九州線は現在名で言うと、鹿児島線は八代まで、長崎線早岐・大村回りで浦上まで、日豊線は柳ヶ浦まで開通していた。伝統ある駅の出口から低い階段を降りると狭い駅前広場は海岸に面し、潮の香りと歴史ロマンあふれるエキゾチックな雰囲気が漂っていた。  三角線三角 S59(1984)/1/11

f:id:c57115:20191106212155j:plain

 給油で立寄ったガソリンスタンドで三角港を一望できる高台の民宿を紹介された。三角港の夜景を楽しんでいたらちょうど熊本発三角行539Dが到着したところで、車内灯が煌々と輝き辺りを明るくしていた。編成はキユニ26+キハ47+キハ28+キハ47+キハ58の三角線では長い5連であった。 三角線三角 S59(1984)/1/11

f:id:c57115:20191106212302j:plain

 早朝の三角港は冷たい澄んだ空気が漂っている。風情ある港町の駅に3輛編成の列車が待機している。線路は八代海沿いに海岸線をなぞり波多浦から三角半島を横断すべく内陸部へ入る。波多浦駅の近くから戸馳島へ渡る橋が見える。 522D 三角線三角 S59(1984)/1/12

f:id:c57115:20191106212416j:plain

 朝もやをついて熊本からの下り列車が見えてきた。三角構内入口の場内信号機の腕木が下りて列車を迎える。 523D 三角線波多浦~三角 S59(1984)/1/12

f:id:c57115:20191106212459j:plain

 明治32年、九州鉄道が三角まで建設した際に交付された免許は「門司から熊本を経て三角まで、宇土より分岐して八代まで」と記されて、当時は鹿児島線沿いよりも三角方面が本線扱いだったらしい。わずか25.6Kmの支線の終着駅にしては5線もある広い構内はそのような歴史過程があったからであろう。だるま転換器や転轍器標識、転轍手詰所の風景は良き時代があったことを物語っているようだ。

f:id:c57115:20191106212556j:plain

 三角駅5線の線路が収束した所から振り向くと、岸壁に向かって再び4線のヤードが作られていた。構内を横切る道路には大規模な踏切遮断機があり、全盛期は貨物入換が頻繁に行われていたであろう。

f:id:c57115:20191106212645j:plain

 岸壁に沿って伸びる側線に大物車編成が置かれていた。宇土寄りからヨ18153〔分オイ〕+シキ670B〔形式シキ670 三菱電機株式会社 西浜信号場常備〕+ヨ5003〔天ナラ〕で巨大な変圧器が吊掛式という積み方で積載されていた。車票から肥後大津へ向かうものと思われる。至近距離で初めて見るボギー台車6連12軸の大物車はとてつもない迫力で、もはや車輛というよりは鋳物工場という印象であった。

f:id:c57115:20191106212732j:plain

 ヤード山側は巨大な石油タンクが現れて不思議な空間に迷い込んだような錯覚におちいる。今にもタンカー編成がきそうな気がするが三角線の貨物輸送は昭和57年頃に廃止されたと聞いた。

f:id:c57115:20191106212812j:plain

 情緒ある駅前から少し西側に向かっただけで景色は大きく変わる。ヤード海側は大形船が接岸できる岸壁に伸びていた。国際貿易港として栄えた遠い時代の面影を見たような気がする。 三角 S59(1984)/1/12

耶馬渓線の思い出

f:id:c57115:20191024212753j:plain
 小学生時代の一時期を中津市で過ごしたことから、耶馬渓線を見る機会があり、また乗車する環境にあった。車社会到来少し前のことであろうか、多くの人が耶馬渓線に乗っていた。憧れの的は機関車の牽く列車で、ディーゼル機関車牽引の混合列車と朝夕の長編成の客車列車が印象に残っている。混合列車は必ずといっていいほど木材積載のトが連結されていた。客車群は高さも長さも幅もまちまちなデコボコ編成で子供ながらに魅せられるものではなかった。客車のデッキから身を乗り出して風を受けながら乗車する人々の姿を思い出す。日中の気動車は単行あり、付随車を付けたDT・DDTDTD編成があって、こちらも高さ、長さ不揃いの法則のない組み方であった。昭和47年になって初めてカメラ持参で中津を訪れる。時すでに全盛期の面影は失せ、それでも廃車になってはいたがかつて見た車輛をネガに刻むことができたが、残念ながら明治生まれの古い車輛たちは姿を消していた。印象深い懐かしい車輛のイラストは上から開放デッキの明治の生き残り、深い屋根の密閉形、前歴が気になる3扉の元気動車、明治が香る長尺のボギー客車等、大小、長短、個性豊かな面々はいざ編成となると緑と黄色のラインが揃ってきれいに見えたものだ。

“やばけい観光”往路

f:id:c57115:20191024213003j:plain

“やばけい観光”復路

f:id:c57115:20191024213046j:plain

 ある日、中津からひとつめ、八幡前駅手前にある古城の坂(中津からはかなりきつい上り勾配)付近の踏切警報機が鳴り出したので待っていると、遠くからタイフォンの音色が聞こえてきた。耳を澄ますとその音は日常の耶馬渓線とはちがう音色で何が来るのかと戸惑っていた。古城の坂を登り終えてカーブの先から顔を出したのは何と国鉄気動車キハ58で、何輛かは憶えていないがきれいに揃った編成で、耶馬渓線のエンジン音とは全く違う軽快な走りで駆けて行った。耶馬渓線は国鉄車輛も走れるんだ、と大きな驚きと嬉しさがこみあげてきた。人々の云う「軽便(けいべん)」の響きは子供ながらに簡易な下位な路線と感じていただけに国鉄車輛は耶馬渓線をも走れる、という大きなインパクトであった。
  国鉄耶馬渓線乗入れは昭和30年から始まり、34年からキハ55等気動車で入線、始発駅も門司港から博多・徳山・岩国へと広がっている。手元にある時刻表昭和42年10月号には、11月3日から23日までの指定日に運転される“やばけい観光”が掲載されている。編成輛数は定かではないが赤とクリームの車体に「耶鉄柿坂行」のサボが輝いていたにちがいない。

f:id:c57115:20191024213201j:plain

 過日、鉄道趣味の会合で北九州市の加地一雄さんから「C50牽引の列車」録音CDをいただいた。それは門司港発柳ヶ浦行列車の行橋~柳ヶ浦間を乗車してC50の迫力ある排気と客車の走行音が捉えられていた。中津駅手前の放送から駅到着、発車までの目に浮かぶ感動のシーンと音声を再現してみたい。

 

  三毛門を発車したC50は給気を続け、軽快なドラフト音で快走する。
  佐井川の鉄橋であろう、鉄橋を渡り終えると絶気、客車の流れる軽いジョイント音
  
 ハイケンスのセレナーデが響く。
  「次は中津、中津でございます。耶馬渓線お乗り換えのお客様、耶鉄柿坂行は
 6分の待ち合せです。橋を渡って3番乗場へお越しください」
  踏切の音が一瞬のうちに近づいて遠ざかる。スピードが出ている。
  「まもなく中津へ着きます」
  「お降りの方はお忘れ物ございませんようにお早めにご用意ください」
  「降り口ホームは左側です」
  締めのハイケンスのセレナーデ
  
 長い鉄橋の轟音が続く。
  山国川橋梁通過。
  「ボーッ」と力強い汽笛吹聴。C50はハチロク調の弱々しさはない!
  ジョイント音からスピードが落ちる気配はない。
  踏切音、ポイントを渡る連続音、中津構内に入ったようだ。
  ブレーキシューが車輪にからむ音。
  客車のきしむ音や騒音が止んで静かになる。
  
  「かなつ~う、なかつ~う~、耶馬渓線乗換え~」
  「お降りの方は車内にお忘れ物のないようご注意ください」
  「なかつ~、なかつでございます」
  「今度の耶馬渓線、耶鉄柿坂行は17時18分で、
  すぐの連絡でございます。階段をあがりまして向こうの
  ホーム3番乗場へお越しください」
  
  「今度の耶馬渓線はこのホーム3番乗場から発車します」
  「1番乗場、柳ヶ浦行が発車します。次の停車駅は東中津、
  ひがしなかつ~でございます」
  
  駅の喧噪、あわただしさが伝わってくる。
  
  「2番乗場は東京行特急“富士”が到着します。
  2番乗場特急“富士”が到着します。
  白い線の内側まで下がってお待ちください。
  お見送りの方は車内に立ち入らないようお願いします」
 
  DF50ディーデル機関車のエンジン音が近づく。
  続く20系のゴーッ、キキーッと制動音。
  
  「ボーオーオッ!」 
  C50発車の合図。
  
  2番ホームに向けて
  「なかつ~う、なかつ~う、耶馬渓線乗換え~」
  「お降りの方は車内にお忘れ物のないようご注意ください。
  中津、中津でございます」
  「今度の耶馬渓線、耶鉄柿坂行は17時18分ですぐの連絡でございます」

  シュー、シューとC50のドレンの音で放送がかき消される。かすかに
  「2番乗場、東京行“富士”が発車します」
  
  C50のドラフトがせわしく大きくなる。ボッ、ボッ、ボッと規則正しく聞こえる。
  
  2番乗場の“富士”も動いている。
  最後尾の電源車、ディーゼル発電機の重たい音が近づき、遠ざかって行く。
  
  ドラフトのリズムは速くなって客車のゴーッが大きくなり、ポイント通過。
  この辺りで耶馬渓線の線路は右へ分かれて行くか。
  「カシャン、カシャン」とポイントを渡る。
  「カンカンカンカン」踏切警報音が近づいて遠ざかる。
  C50は絶気運転で東中津へひた走る。

 

   中津手前から中津進出まで約6~7分、あの頃に引きもどされたような錯覚に陥る感動の一瞬であった。当時の時刻表から、日豊本線下り柳ヶ浦行1529レ17:12発、日豊本線上り東京行8レ“富士”17:13発、耶馬渓線下り耶鉄柿坂行17:18発。
  (加地一雄 C50牽引の列車 C50138 1529レ 行橋~柳ヶ浦 S42/8/27)

f:id:c57115:20191024213455j:plain

 中津駅1番線の様子。1番線と2番線の間は中線が敷けるくらいの間隔が開いていた。耶馬渓線乗場は後方の跨線橋を渡って3番線へ向かう。上り貨物列車の中に見える背の低い有蓋車はワ22000のようだ。 S40(1965)頃
 

中津の残影

f:id:c57115:20191021152200j:plain

 他界した父親が遺したネガから中津駅で撮ったスナップを発掘する。そこには車輛を撮ったものではないが、キハ105“せせらぎ”+ハフ14の列車が写っていた。当時の耶馬渓線は気動車がトレーラーを牽く、いわゆるD+T、D+T+Dの編成が当り前に走っていた。ハフ14は、「鉄道ピクトリアル私鉄車両めぐり8(鉄道図書刊行会/昭和42年7月刊)によると車体長7mの2軸車で宇佐参宮線からの転属車ということであった。あまりにも過小のため昭和41年夏頃から休車になったとのことで、この写真の撮影日時は昭和40年冬から41年春の間と推測する。

f:id:c57115:20191021153456j:plain

 現役バリバリのキハ105“せせらぎ”がとても美しく見える。運転席の流線形のラインからまっすぐに伸びるバックミラーがとても印象的。列車は耶鉄柿坂行だろうか、守実温泉行であろうか。ハフ14のサボは羅漢寺行と読め、付随車を羅漢寺で切離す運用と思われる。 国鉄中津駅3番線

f:id:c57115:20191021153557j:plain

 キハ105“せせらぎ”とキハ50“ちどり”が仲良く手をつないで廃車後の時を過ごしている。手前のキハ105から大胆に伸びるバックミラーのステイはあの頃の残影として心にしみる。 大分交通中津車輛区 S47(1972)/1/6 

大分交通耶馬渓線の車輛たち

f:id:c57115:20191016204031j:plain

キハ101 やまばと
 昭和8年に登場した国鉄ガソリンカーキハ40000と同形で、耶馬渓鉄道の自社発注車。キハ101からキハ104までの4輛が存在する。キハ101が“やまばと”、キハ102が“かわせみ”、キハ103が“ひよどり”、キハ104が“せきれい”と愛称が付けられている。

f:id:c57115:20191016204148j:plain

キハ102 かわせみ
 キハ102の車体側面の形式標記は「形式キハ100・自重18.1・換算積2.3空1.8」となっていた。手前に見えるのはキハ104で、標記は「キハ40000・自重6.50・積2.2空1.7」とあり、形式が国鉄式キハ40000のままになっていたのは何故だろうか。

 

f:id:c57115:20191016204348j:plain

キハ103 ひよどり
 大分交通各線の気動車の愛称はその土地にちなんだ名前が付けられていて、耶馬渓線は“ひよどり”・“せきれい”・“かじか”など山国川沿いに走ることから、宇佐参宮線はお宮にちなんで“かみばと”・“みやばと”・“しらはと”など、国東線は海岸線を走ることから“しおかぜ”・“なぎさ”・“ちどり”など親しみやすい愛称であった。

f:id:c57115:20191016210758j:plain

キハ104 せきれい
 4輛のキハ100形はキハ41000よりひと回り小さいキハ40000と同一で12m車。大形前照灯とシル・ヘッダーのリベットが重厚さを醸し出している。前面下回りのラッパ形のタイフォンとラジエター、排障器がよくわかる。手前のキハ102の検査標記は国鉄と同じ方式で、工場名は「中津車両区」と書かれている。

f:id:c57115:20191016204546j:plain

キハ50 ちどり
 キハ50は、元北九州鉄道(博多~伊万里)のジハ50という独特の流線型。国鉄に買収されて幾多の変遷をくり返してキハ40331となる。昭和27年8月、払い下げを受けて大分交通国東線に入りキハ50“ちどり”と命名された。昭和41年3月、国東線が廃止されてから中津に移り耶馬渓線に活躍の場を求めた。
  キハ50ちどりの現役時代の姿は次の3冊に掲載された写真が感動的で良き時代のロマンを味わえる。  

  撮影年月 撮影場所 撮影者  掲載誌
(1) 昭和32年3月 杵築 湯口徹  南の空、小さな列車(レイル№26私鉄紀行) 
(2) 昭和39年1月 杵築 高井薫平 古典ロコ・軽便・田舎電車…(鉄道ファン264) 
(3) 昭和41年3月 杵築祇園 奈良崎博保 鉄道廃線跡を歩くⅥ

f:id:c57115:20191016204759j:plain

キハ105 せせらぎ
 キハ105“せせらぎ”はキハ50と同じく元北九州鉄道のジハ61。キハ50が車体長15.6mに対しキハ105は17m車で側窓が2個分多かった。国有化後キハ40650形キハ40655となり、ガソリンエンジンを積んでキハ40341と改番、東唐津吉塚志布志都城と移動する。昭和27年8月、ディーゼルエンジンを積んで再びディーゼルカーとなって中津入りしている。レイルの買収私鉄探求シリーズ「北九州鉄道とその車輌」(谷口良忠著/レイル№5/昭和53年8月)の記事で大分交通キハ105のルーツを知り、壮大なロマンを感じる。

f:id:c57115:20191016204921j:plain

キハ503 かみばと
 「レイル№9」(プレスアイゼンバーン/昭和53年9月刊)に大分交通宇佐参宮線を行くキハ503“かみばと”の写真が掲載されている。記事の「筑肥線覚え書き」(谷口良忠著)でこの車輛の前身を知る。元は北九州鉄道(筑肥線の前身)ジハ21で、鉄道省買収後キハ40650形となり、ガソリンカー改造の後昭和19年に廃車となる。昭和27年8月、エンジンを載せ替えてディーデルカーとして再起、キハ503“かみばと”を名乗り大分交通宇佐参宮線に入線した。昭和40年8月の宇佐参宮線の廃止に伴って中津へ移動、耶馬渓線で活躍することとなる。撮影時は廃車になっていたが、運転席窓のひさしと大形前照燈が現役時代のいかつい表情を保っていた。

f:id:c57115:20191016205053j:plain

ホハフ32
 キハ501は“しらはと”の愛称名で大分交通宇佐参宮線、国東線で活躍した。「レイル№26私鉄紀行南の空、小さな列車」(湯口徹著/プレス・アイゼンバーン/平成1年刊)によると、「国東線のキハ30・20・501を客車化したのがホハフ30~32」と記載されている。キハ501は国東線廃止後中津に移動、エンジンを降ろして客車化されてホハフ32と改番された。台車が前後でちがうのがよくわかる。

f:id:c57115:20191016205232j:plain

ホハフ502
 この車輛は番号ホハフ502、形式ホハフ30と標記されている。宇佐参宮線キハ502“みやばと”と国東線のキハ30は佐久鉄道から転じた同形車とのこと。キハ502“みやばと”は宇佐参宮線廃止の後中津に来てトレーラー化の際、同形のキハ30がホハフ30に改番されていたので同形式にしたのではないかと推測する。

f:id:c57115:20191016205332j:plain

ハフ13
 ハフ13は片ボギーの独特な客車。もとは国東線の気動車キハ13でエンジンを降ろして客車ハ13となり、ハフ13として耶馬渓線に転出している。

f:id:c57115:20191016205508j:plain

キハ603 かじか
 キハ600形は601と602が昭和31年製、603と604が昭和35年製で、横から見ると国鉄キハ10の雰囲気を漂わせている。キハ601“やまびこ”・キハ603“かじか”は初めから中津に、キハ602“しおかぜ”・キハ604“なぎさ”は国東線用として杵築に配備されていた。国東線廃止後中津に4輛が揃うこととなった。このキハ603とキハ604は、昭和50年10月耶馬渓線廃止後紀州鉄道に売却された。

f:id:c57115:20191016205554j:plain

キハ601 やまびこ
 耶馬溪線は中津構内を出てすぐ神社のところで日豊本線と別れ、沖代平野を南東に進み古城の坂を登って八幡前に到着する。沿線で一番の商店街を抜け大貞の踏切を過ぎると田畑をぬけ、八面山のふもと、山国川の渓谷を進み景勝耶馬溪へとわけ入って行く。路線は中津─八幡前─大貞公園─上ノ原─諌山─真坂─野路─洞門─羅漢寺─冠石野─耶馬溪平田─津民─耶鉄柿坂─下郷─江渕─中魔─白地─宇曽─守実温泉で19駅36.1㎞の道程であった。

f:id:c57115:20191016205654j:plain

D34
 ディーゼル機関車は4輛在籍していた。4輛とも昭和29年製らしいが、D31・32とD33・34ではずいぶん趣きが違い、前者は丸みをおびたDD11タイプ(汽車会社)、後者はやや近代的な感じの日立製であった。

f:id:c57115:20191016205741j:plain

D33
 耶馬渓線廃止後D32とD33は幸運にも第二の職場へと旅立って行った。D33はすぐとなりの苅田港の日本セメント専用線で、D32は遠く北海道は宗谷本線永山の旭川通運で働くこととなった。 

f:id:c57115:20191016205927j:plain

D31
 D31は庫の中に入れられ動いている気配はなかった。もともとの耶馬溪線用はD31とD32で、D33とD34は国東線廃止後に中津に来ている。宇佐参宮線のディーデル機関車はD21とD22の小ぶりなL形であった。

 大分交通中津車輛区 S47(1972)/1/6

大分交通耶馬渓線・宇佐参宮線・国東線・豊州線)関連記事が掲載された書籍

奈良崎保博 撮影地ガイド 大分交通耶馬渓線 鉄道ファンNo.73 S42/7
野崎昭三 明治の客車明治村へ 鉄道ファンNo.92 S44/2
吉川文夫 車輪配置・窓配置 ホハ2 鉄道ファンNo.158 S49/6 
長島和夫 九州私鉄レポート 鉄道ファンNo.161 S49/9
吉川文夫 私鉄の流線形車両について 鉄道ファンNo.162 S49/10
谷口良忠 帰らざる豊州鉄道 鉄道ファンNo.207.208 S53/7-8
牧野俊介 新・軽便礼賛 豊州鉄道の思い出 鉄道ファンNo.207 S53/7
湯口徹 レールバスものがたり 鉄道ファンNo.215 S54/3
高井薫平 昭和30年代の地方私鉄を訪ねて 鉄道ファンNo.264 S58/4
近藤雅彦 旭川付近の専用線のDL 鉄道ファンNo.266 S58/6
岩堀春夫 元私鉄の機関車 鉄道ファンNo.282 S59/10
岩堀春夫 九州のスイッチャー 鉄道ファンNo.302 S61/6
谷口良忠 大分交通耶馬渓線 鉄道ピクトリアル私鉄車両めぐり8 S42/7 
九州の私鉄 鉄道ピクトリアルNo.225 S44/6
青木栄一 九州における民営鉄道の発達 鉄道ピクトリアルNo.557 H4/3
久保敏 九州私鉄めぐり 鉄道ピクトリアルNo.557 H4/3
奈良崎保博 耶馬渓を行く 鉄道ジャーナルNo.34 S45/4
伊藤東作 南国のカマ 宇佐神宮のクラウス 鉄道ジャーナルNo.67 S47/11
牧野俊介 九州私鉄早回り 産業セメント鉄道 レイルNo.4 S53/7
谷口良忠 買収私鉄探求 北九州鉄道とその車輛 レイルNo.5 S53/8
谷口良忠 買収私鉄探求 筑肥線覚え書き レイルNo.6 S53/9
牧野俊介 九州私鉄早回り 耶馬渓鉄道 レイルNo.6 S53/9
湯口徹 南の空、小さな列車 大分交通 レイルNo.26 H1/11
牧野俊介 岡山より汽車を求めて(下)耶馬渓鉄道 プレスアイゼンバーン S56/3
大分交通耶馬渓線の機関庫にて 鉄道模型趣味No.346 S52/4
岡田誠一 キハ41000とその一族(上) RMLIBRARY1 H11/8
岡田誠一 キハ41000とその一族(下) RMLIBRARY2 H11/9
寺田裕一 消えた轍 大分交通 RailMagazine218 H13/11
奈良崎保博 鉄道廃線跡を歩くⅥ 大分交通国東線 JTB出版 H4/2
奈良崎保博 九州を走った汽車・電車 JTBパブリッシング H21_11
栗林宗人 幻の国東半島一周鉄道 国東鉄道予定線の遺産 トワイライトゾーン7 H10/11
若き血に燃ゆるもの 機関車の引く列車 慶応義塾大学鉄研三田会 H7/11
岩堀春夫 北九州のSL ないねん出版 H9/7
昭和30年頃の大分県 アーカイブス出版 H20/2
九州の蒸気機関車 鉄道少年探偵団編 海鳥社 H17/5
大分交通40年のあゆみ 大分交通株式会社 S60/4
消えた耶馬の鉄道 耶馬渓鉄道史刊行会 S60/9
麻川尚良 思い出の耶馬渓線 中津かわら版 H17/9
清原芳治 郷愁のローカル鉄道国東線 大分合同新聞社 H14/5
清原芳治 郷愁のローカル鉄道宇佐参宮線 大分合同新聞社 H15/7
清原芳治 郷愁のローカル鉄道耶馬渓線 大分合同新聞社 H16/9

 

大分交通中津車輛区

f:id:c57115:20191009133322j:plain

 鉄道全盛時代、大分県北には私鉄の大分交通4路線が健在であった。それは杵築起点の国東線(杵築~国東/30.3km)、宇佐接続の宇佐参宮線(豊後高田~宇佐八幡/8.8㎞)、豊前善光寺接続の豊州線(豊前善光寺豊前二日市/15.5㎞)、そして中津起点の耶馬渓線(中津~守実温泉/36.1㎞)である。豊州線は廃止が昭和28年ということもあってその存在を知ることはなかったが、昭和30年代に国鉄線列車からみた国東線、乗車経験のある宇佐参宮線耶馬渓線の風景は強烈な衝撃として脳裏に焼きついている。モータリゼーションの時代の流れに逆らうことはできず、宇佐参宮線は昭和40年8月に、国東線は昭和41年3月(安岐~国東間昭和39年9月廃止)に、耶馬渓線は昭和46年9月野路~守実温泉間、昭和50年9月に中津~野路間が廃止されて、大分交通鉄道線ならびに大分県私鉄線の歴史に幕が降ろされた。

f:id:c57115:20191009133415j:plain

 国鉄中津駅裏側は大分交通の動力車基地とヤードが展開していた。構内南東寄りに木造4線の矩形庫が鎮座し、給水塔の向こうにも簡易な検修庫が建っていた。転車台は車庫の奥、構内東のはずれに位置している。昭和30年代の記憶では、耶馬渓線乗車列車の車窓から蒸気機関車の廃車体が垣間見えていた。中津車輛区を訪れたのは時遅く昭和47年1月のことで、最後まで残った車輛たちを撮ってまわった。構内に入るとそこはまだ昭和30年代の気配が漂っているような景色で、国鉄線の架線ビームがなかったらなおさらである。 大分交通中津車輛区 S47(1972)/1/6

f:id:c57115:20191009133502j:plain

 昭和30年代から40年代初頭にかけて、「汽車」のイメージは蒸気機関車が客車や貨車を牽く列車のことが「汽車」で、「汽車」の色は黒や焦げ茶色が当り前であった。耶馬渓線を利用する中津や山国川沿線の人々は、耶馬渓線のことを「軽便(けいべん)」とか「耶鉄(やてつ)」と呼んで親しんでいた。国鉄とはちがう、また「汽車」ともちがう社線の認識を持っていたと思う。大分交通独特の黄色と緑の塗色がその愛称にとてもマッチしていた。  大分交通中津 S47(1972)/1/6 

クモヤ440

f:id:c57115:20191007182255j:plain

 大分電車区脇を通りがかった際、少し毛色のちがう車輛が居ることに気づき近寄ってみた。遠目から南福岡電車区のクモヤ740が遠征に来ているものと思いきや、「分オイ」標記も真新しいクモヤ440であった。クモヤ440は、南福岡のクモヤ740の交流牽引車に対して交直両用の牽引車であった。勝田電車区からの転属で、その後動いている姿を見ることはなく、いつしか鹿児島運転所に転出したようだ。 クモヤ440-1〔分オイ〕 大分電車区 S55(1980)/9