転轍器

古き良き時代の鉄道情景

上臼杵 717系200番台

 上臼杵臼杵川を渡ってR362の左曲線上に駅がある。国道のバイパスができたので少し高い位置からカーブした駅を俯瞰ぎみに見ることができた。地方都市のどこでも見られる中心駅近くは錆びれて新たな繁華街は郊外に広がる光景はここ臼杵でも同様で、市中心のとなりの臼杵駅は時間が止まったような以前のままの駅前風景に対して、郊外の上臼杵駅後方はバイパス沿いの店舗が軒を連ねている。
 上臼杵の思い出はDF50の牽く列車に乗車した遠い時代にさかのぼる。南延岡行列車が上臼杵に着く頃は辺りが暗くなっていた。進行方向右側の席では駅のホームはわからない。駅を出ると煉瓦煙突が見え、すぐさまトンネルに入る。何度か通るうちに煉瓦煙突はウイスキー工場の煙突ということがわかり、2つの短いトンネルをぬけると臼杵到着であった。
 臼杵は古くから醤油や味噌の醸造業と造船業が盛んで、かつてはサントリー臼杵工場、日本専売公社臼杵工場が立地していた。鉄道貨物輸送の時代は材料・原料の到着と製品出荷で賑わっていたと思われる。

f:id:c57115:20210921153220j:plain

 カーブした上臼杵に停車するのは2つドアの近郊形717系2輌編成であった。正面だけ見れば従来の415系と思ってしまうが側面を見て系列が違うということに気づく。717系は国鉄最晩年の昭和61年秋に登場し大分と鹿児島に配置された。九州の717系はクモハ716+クモハ717の2連ユニットで200番台を名乗っている。最近まで長崎本線佐世保線に投入された713系の増備車と思っていた。 日豊本線臼杵 H1(1989)/5

f:id:c57115:20210921153311j:plain

 日豊本線で見た塗装は九州色と呼ばれるクリーム10号に青色23号の帯のいでたちであった。そのカラーコードをクモハ716に適用する。

f:id:c57115:20210921153339j:plain

 しかし出場時は713系と同様のクリーム1号の車体に緑色14号の帯が巻かれていたと聞く。そのカラーコードをクモハ716に適用する。仙台カラーに似たグリーンラインは九州内では馴染めなかったのだろうか。長崎本線佐世保線の581・583系改造の715系も緑帯から青色帯に変更されている。

f:id:c57115:20210921153411j:plain

 昭和53年に417系が仙台地区に投入された際は415系同様交直流色の小豆色であったので、もし九州の717系投入がもう少し早い時期であったなら塗色は赤13号小豆色であったであろうと勝手に想像する。

デワ3041 昭和55年

f:id:c57115:20210919214546j:plain

 その後のデワ3041の写真が早速東京都線路端さんから届いた。塗装が明るくなってあの五反田で見た車輌と同じであろうかと驚く。青ガエル5000系のさよなら運転を撮る際に偶然遭遇したとのこと。鉄道ファンNo.250(昭和57年2月号)掲載の「ショートヒストリー東急の荷電」によると、昭和54年にダークグリーンの塗色は3000系のライトグリーンに変更され、正面に黄色の帯を付けて「荷物」標記が施された。その後昭和56年9月で廃車解体されたとつづられていた。線路端さんのおかげで私が偶然見かけた荷物電車のその後が明らかになった。感謝。 東急目蒲線田園調布 S55(1980)/3/16 撮影:東京都 線路端さん

デワ3041 昭和49年

f:id:c57115:20210919060639j:plain

 日頃移動の足となる電車にカメラを向けることはなかったが、得体の知れない電車が入っていたのでとりあえず撮ったのがこの写真。池上線のグリーンとは違った、それよりも濃いグリーンの塗装といかにも古めかしい車体で印象に残っている。この車輌のことは随分後になって東急線各線を走り回ったデワ3041という荷物電車ということを知る。撮影当時の東急線は、東横線:渋谷~桜木町田園都市線大井町すずかけ台目蒲線:目黒~蒲田、池上線:五反田~蒲田であった。鉄道ファンNo.250(昭和57年2月号)に荷物電車の運転区間が掲載され、東横線は渋谷~日吉(一部菊名)、田園都市線は大岡山~二子玉川園(一部梶が谷)、目蒲・池上線は全線で運転されていたことを知る。路線変更は蒲田・田園調布・大岡山の渡り線で行われていたのがおもしろい。 東急池上線五反田 S49(1974)/7

マニ44新製回送

f:id:c57115:20210916210203j:plain

 EF58142〔宮〕が落成したばかりのマニ44を、しかもオールマニ44というきれいな編成を牽いて西へ向かっている。昭和53年10月改正は荷物輸送近代化の旗印としてパレット積荷物客車マニ44が投入されている。それと呼応するこの新製回送の記録は千載一遇の機会であったと驚嘆する。この当時の配置表がないので何とも言えないが東海道山陽筋の配属先は、ワキ8000・ワサフ8000・マニ40・マニ41が配置されている、沼津・名古屋・京都・宮原・広島・下関・門司・熊本・鹿児島のいずれかと推測する。昭和61年の荷物輸送廃止までの短い期間の稼働であったのは残念でならない。 東海道本線川崎~横浜 S53(1978)/8/23 撮影:東京都 線路端さん

マニ44

f:id:c57115:20210915202139j:plain

 マニ44はパレット積荷物車のスニ41を20m級に伸ばし、高速貨車ワキ10000の外観を備えたような新鮮な印象があった。妻面は三角屋根の折妻風で貫通扉は無く、小さなくぐり戸が独特である。屋根はガーランドベンチレーターが配置され、乗務員室側の押込形通風器が異彩を放っている。 マニ442027〔名ナコ〕 大分 S59(1984)/1/17

f:id:c57115:20210915202240j:plain

 マニ44へのパレット積載は旅客ホームではなく本屋寄りの荷役ホームで行われるものと思われる。荷物列車の組成が終わりホームに入ったマニ44の側扉が開き、何か作業が行われている。 大分 S59(1984)/1/17

f:id:c57115:20210915202329j:plain

 マニ44とは何度か会っている。車輌の向きはいずれも乗務員室のある後位側が下り向きであった。趣味誌に掲載された荷物列車の写真を見ても、東海道・山陽筋を走るマニ44はいずれも後位側が下り向きに組まれていたので、向きは固定されていたのかもしれない。 大分運転所 マニ442042〔南トメ〕 S61(1986)/9