転轍器

古き良き時代の鉄道情景

豊肥本線のC58 昭和44年~47年の記録

f:id:c57115:20200815094338j:plain

 辺りが暗くなり中学校の部活を終えて帰る頃、上り列車がやって来る。機関車は5桁数字が並ぶプレートを付けていたがある日アルファベットのCが付いたプレートを発見、以後この時間に現れる機関車はC58ということを知る。当時C58は105・112・115・124・224・227・350の7輌が居てその後新見からの262が加わって豊肥本線を闊歩していた。気軽なスナップを時系列に並べてみると機関車の個性や輸送の状況等を垣間見ることができた。

f:id:c57115:20200815094556j:plain

 豊後竹田6:21発大分8:05着の725列車は豊肥本線下り朝の3番列車で、8時のサイレンが鳴る頃に大分川橋梁を渡る。この位置は豊肥本線が下郡信号場で日豊本線と寄り沿い、単線並列の形で線路が並んだ所である。C58の大分行が通り過ぎると後方の鉄橋を宮崎行“南風1号”がC57牽引の佐伯行がたて続けにやって来る。 C58124〔大〕 豊肥本線下郡(新)~大分 S44(1969)/4/29

f:id:c57115:20200815094700j:plain

 大分運転所の客車配置を見ると、昭和44年3月時点でオハ35・オハ47・オハフ33・オハフ61が2桁以上の数が在籍し、普通列車の編成に組まれていたと思われる。1輌目の緩急車は窓配置からオハフ33であろう。 725レ C58112〔大〕 豊肥本線滝尾~下郡(信) S44(1969)/8

f:id:c57115:20200815094754j:plain

 同じくC58112〔大〕が牽く編成の緩急車は車掌室が車端に配置されたオハフ61であった。 721レ 豊肥本線滝尾~下郡(信) S44(1969)/10/12

f:id:c57115:20200815094852j:plain

 寒い朝、白煙をなびかせてやって来たのは青ナンバーのC58277〔大〕で、この秋に第1種休車を解かれて再び本線に帰ってきた。編成を見ると扉配置からオハユニ61とオハニ61が連結されている。郵便荷物輸送は日中の列車に組まれた熊本機関区のキハユニ26が使われていたが、年末年始の繁忙期だからか、朝夕の客車列車に座席郵便荷物合造車が組み込まれていた。 725レ 豊肥本線滝尾~下郡(信) S44(1969)/12/30

f:id:c57115:20200815095003j:plain

 夕方の豊後竹田行客車列車は大分16:23発746レと17:49発748レの2本が運転されていた。豊後竹田寄りの緩急車はオハフ33のようだ。 C58115〔大〕 746レ 大分 S44(1969)/10/4

f:id:c57115:20200815095104j:plain

 豊後竹田発大分行下り貨物列車は滝尾を出ると見通しの良いR600の曲線を快調にとばし、このS字カーブの先にある4燈の遠方信号機まで信号確認はない。心地よいジョイント音を響かせる貨車群はプレスの入ったワラ1やワム80000よりも昔ながらの黒いワムが幅をきかせた懐かしい編成であった。 C58124〔大〕 793レ 豊肥本線滝尾~下郡(信) S44(1969)/10/6

f:id:c57115:20200815095214j:plain

 C58の貨物運用は豊後竹田往復792-793レと三重町往復796-797レが設定されていた。豊後竹田往復は大分5:25発熊本行728Dが出た直後に発ち、豊後竹田わずか1時間半の間合いで折返し14時過ぎには大分へ戻る運用であった。 C58112 793レ 豊肥本線滝尾~下郡(信) S44(1969)/12/12

f:id:c57115:20200815095311j:plain

 枕木柵の手前にある下郡第一踏切はR400の左曲線上に設けられている。加速のついたC58124〔大〕の牽く721レは制動音をきしませながらカーブを通過して行く。この先、下郡信号場で大分電車区の入出区線と合流し大分川を渡る。鉄橋を渡る轟音が聞こえなくなると列車はもう大分駅手前の場内信号機辺りにさしかかっているはずだ。 豊肥本線滝尾~下郡(信) S45(1970)/8

f:id:c57115:20200815095411j:plain

 三重町折返しは転車台が無いので機関車は逆向きで大分へ戻る。逆行運転のC58115〔大〕は長い編成を従えて滝尾を後にする。 797レ 豊肥本線滝尾~下郡(信) S45(1970)/8

f:id:c57115:20200815095455j:plain

 勾配標は16.7の上り勾配を示している。あたり一面の田圃にドラフト音が響き渡る。

f:id:c57115:20200815095538j:plain

 逆向きC58115〔大〕は20輌以上つながった長い編成を牽き出し、米良川の土手にかかる16.7‰の勾配を苦しそうに登って行った。

f:id:c57115:20200815095632j:plain

 朝の豊後竹田発大分行客車列車は滝尾7:09発721レと7:57発725レの2本が運転されていた。C58277〔大〕と本線上で会うのはこれが二度め。一休車復活だけにこの夏も元気で乗りきってほしい。 725レ S45(1970)/8

f:id:c57115:20200815095741j:plain

 客車入換のC58105〔大〕 大分 S45(1970)/9

 

f:id:c57115:20200815100005j:plain

 辺りが暗くなり始める頃、2本めの豊後竹田行客レが大分を後にする。この日から久大本線の客レはDE10牽引となってしまったが、豊肥筋はまだC58の舞台が継続で安心した。大分運転所C58の7輌体制は全く変わっていない。この当時客車のデッキに乗客が立っているのはごく普通の光景であった。 C58350〔大〕 748レ 大分 S45(1970)/9/30

f:id:c57115:20200815100104j:plain

 「6番線から豊後竹田行が発車します。次は滝尾、次はたきお~う!」。ホームから離れると勢いよく給気、開かれた進路に合せるように車体を傾けて本線に合流、加速し構内に余韻と煙を残す。 C58224〔大〕 746レ S45(1970)/10

f:id:c57115:20200815100214j:plain

 秋晴れの朝、一番列車が黄金色の稲田の中を行く。 C58224〔大〕 721レ 豊肥本線滝尾~下郡(信) S46(1971)/9/24

f:id:c57115:20200815100310j:plain

 滝尾を出て16.7‰の上りを行く746レ。この先25‰の高江の坂が控えている。豊後竹田寄りの緩急車はオハフ61が組まれている。 C58115〔大〕 豊肥本線中判田~滝尾 S46(1971)/5 撮影:大分市 佐藤晴章さん

f:id:c57115:20200815100413j:plain

 C58105〔大〕が牽く上り三重町行貨物列車。菜の花が咲き始め、八朔が色づく早春の風情が漂う。 796レ 豊肥本線滝尾~下郡(信) S46(1971)/3

f:id:c57115:20200815100501j:plain

 貨車で埋まる三重町構内はまだまだ貨物輸送華やかな時代であった。豊後竹田発大分行下り貨物列車は上り熊本行気動車列車の到着を待って発車する。 C58350〔大〕 793レ 豊肥本線三重町 S46(1971)/9

f:id:c57115:20200815100605j:plain

 朝もやのかかる大分構内入口、豊肥・日豊本線の場内信号機の位置に725レが接近する。1輌めの座席荷物合造車が気にかかる。やはり年末は44年末と同じく座席荷物合造車が組み込まれていた。 C58115〔大〕  豊肥本線下郡(信)~大分 S46(1971)/12/31

f:id:c57115:20200815100720j:plain

 1輌めはスハニ3232と読める。スハニ32は以前目にした切妻のオハニ61とは趣きが異なる車輌であるが写りが悪くよくわからない。昭和44年の配置表では鹿児島でこの時点で大分へ移動していたものと思われる。サボはいつもの青地ではなく白地のタイプが付いていた。

f:id:c57115:20200815101023j:plain

 金池踏切の跨線橋から725レを撮る。大分寄り緩急車はオハフ61の編成である。線路は奥から引上線、日豊本線、725レが通る豊肥本線久大本線。 C58105〔大〕 豊肥本線下郡(信)~大分 S47(1972)/2/20

f:id:c57115:20200815101120j:plain

 C58の牽く客車列車最後の日がやってきた。時あたかも昭和47年3月15日ダイヤ改正山陽新幹線岡山開業の時であった。最後のC58旅客を撮るべく急斜面の山肌を大急ぎで登ってみたものの中判田を発車した列車は容赦なく迫ってきて、視界が開ける所まで辿り着けないまま小枝の手前でシャッターを押すはめとなった。 C58115〔大〕 725レ 豊肥本線中判田~滝尾 S47(1972)/3/14

f:id:c57115:20200815101218j:plain

 C58の牽く旅客列車は3月14日、貨物列車は5月31日をもってDE10に置換えられ豊肥本線無煙化が完了した。C57転出の補充として新見からやってきたC58262〔大〕を本線上で初めて見る。下郡信号場の場内信号機は電車区側の通路が開いているので赤の現示、機関車は信号場の手前で一旦停止する。本線側に通路が開いて汽笛一声再び動き始めたところである。豊肥本線上で遭遇したC58はこれが最後の写真となった。 6795レ  豊肥本線下郡(信) S47(1972)/5/25

滝尾入換一部始終

 当時の列車撮影は通過時刻ぎりぎりに線路端へ行くのが常で、前もって構図を決めるなど皆無であった。一連の入換作業を記録できたのはたまたま早めに駅へ行き、また交換列車の待ち時間があったからではないかと思っている。入換を撮ろうと意識していたわけではなく行き当たりばったりの結果であった。

f:id:c57115:20200806180441j:plain

 69699〔熊〕が牽いて来た下り795列車の貨車はワム80000+ワム90000+ワム80000+ヨ5000の短い4輌編成であった。滝尾駅は島式ホーム1面2線の上下本線と1本の貨物側線だけの簡単な配線である。石積みのホームと青地に白ぬきの駅名琺瑯看板、バラスの薄い側線に停め置かれた有がい車がよき時代の鉄道情景を演出している。 豊肥本線滝尾 S45(1970)/11

f:id:c57115:20200806180647j:plain

 荷重15トンのワムの影から入換が始まるのを待つが機関士が降りてきてしばらく始まりそうもない。構内の線路敷設の様子は本線と側線で全くちがうのがよくわかる。

f:id:c57115:20200806180840j:plain

 キュウロクのサイドをじっくり眺めると太いボイラに小さな動輪のアンバランスがよくわかる。バランスウエイトは各軸でサイズが異なっているのも改めて認識させられた。

f:id:c57115:20200806180548j:plain

 豊後竹田行快速“祖母”が通過するまでは69699〔熊〕は身動きできない。上り本線を4輌編成の“祖母”が通過して下り向きに進路が開いて入換開始となる。 795レ待機 1746D通過 豊肥本線滝尾 S45(1970)/11

f:id:c57115:20200806181014j:plain

 69699〔熊〕は本線から貨物側線に後退し、留置していたワム136340(ワム90000)とワム62212(ワム60000)を勢いよく牽き出して本線上へ出る。

f:id:c57115:20200806181059j:plain

 本線上にワム60000だけを置いて再びワム90000を側線に戻す。写真はワム90000を開放して本線に戻り、滝尾発送のワム60000に連結、そのまま押して本編成につなぐところである。4輌で来た編成は1輌足して5輌で終着大分へ向かうことになる。

f:id:c57115:20200806181147j:plain

 滝尾入換は側線2輌のワムのうち、後位側のワムを本編成へつなぎ、前のワムは再び側線に戻す簡単な作業で終了した。滝尾発送ワム62212の中は何が積まれどこへ運ばれて行くのであろうか。そしてまた再び停め置かれたワム136340は何の荷物を待ち、いつ出て行くのであろうか。 795レ 豊肥本線滝尾 S45(1970)/11

f:id:c57115:20200806181230j:plain

 795列車は終着前、最後の駅の解結を済ませて一路大分へ向かう。編成の締めくくりは「大」の所属標記の入った4個窓のヨ5000であった。 豊肥本線滝尾~下郡(信) S45(1970)/11

153系

f:id:c57115:20200802154822j:plain

 153系はカワイモデルのカタログでしか知らなかったが、この時初めて実物を見る。検修線のクハ153には交番検査の旗が掲げられていた。列車番号標記にある312Mは下関発岡山行“山陽7号”で、急行“山陽”は下関・小郡・南岩国・広島と岡山を結ぶ8往復が設定されていた。 クハ153-5〔広セキ〕 下関運転所 S49(1974)/5/2

f:id:c57115:20200802154922j:plain

 「カワイモデルカタログNo.13/1971年版(昭和46年8月発行)」から。153系は東海形電車として紹介され、クハ153は500番台の新形式と記されている。

f:id:c57115:20200802155031j:plain

 初めて見た153系は前面窓が大きい初期の顔で、この時はよりスマートになった高床運転台のタイプであった。前面の塗分けがないクハ153はまるでペーパー車体に真鍮の前面パーツを付けたように見える。撮影時の山陽本線西部は各停は80系、快速は153系で運用されていた。 山陽本線小野田 S52(1977)/8/7

f:id:c57115:20200802155121j:plain

 153系のネガは他にないか探して出てきたひとコマ。撮影後46年経って初めてネガキャリアに挟み、引き伸ばし機のランプを灯して露光させた、ような錯覚を覚える。列車は前後のネガから東京発静岡行“東海4号”とわかる。ブルートレインを待っていた時に現れた153系急行であった。当時、何の感慨もなく撮った3枚の153系は今になって貴重な記録と思えるようになった。 307M 東海道本線品川~川崎 S49(1974)/10 

165系

f:id:c57115:20200729155027j:plain

 東海道筋の2つ扉は80系と153系があって近郊形113系とは違った客車的な趣きがあって好感を持っていた。この年に80系は終焉を迎え、前面がオレンジ一色の153系が急行に各停に運用されていた。165系急行は中央本線上越線のイメージがあったが三島で偶然見かけた列車は東海道本線165系急行“東海”であった。同じ湘南色の153系より格好良く見えるのは前面にグリーンの塗分けが回っているからだろうか。デフロスタと貫通幌で精悍なマスクに映る。 
 静岡発東京行304M“東海2号” 三島 S51(1976)/2/6

f:id:c57115:20200729155142j:plain

 165系7連の急行編成が大都市のジャンクションに入って来た。大勢の人の中にもかかわらず、大胆にも咄嗟にカメラを出してヘッドマークの付いたクモハ165の顔を捕らえていた。都会の人目の気になるホームでカメラを向けるなど考えられなかったが、この時はオレンジの通勤電車しか来ないホームに観光気分漂う湘南色の電車が来たことに非日常を感じとったからかもしれない。
 302M“犬吠1号” 新宿 S51(1976)/2/21 

69616

f:id:c57115:20200724192738j:plain

 夕方の宮地行の補機を務める69616〔熊〕が給炭線脇でスタンバイしている。石炭満載のテンダのプレートは形式入が付いている。テンダ輪郭の縁取りやキャブの屋根と下回りの曲線が優雅に見える。 熊本機関区 S47(1972)/3/29

f:id:c57115:20200724192845j:plain

 熊本機関区の給炭設備はアメリカンタイプと呼ばれ、鹿児島、鳥栖、直方機関区の形態とよく似ていた。最近になって熊本機関区の給炭設備はスキップホイスト式給炭設備と知った。(鉄道模型趣味No.941)

f:id:c57115:20200724193038j:plain

 炎天下の中、上り貨物列車を待った。パイプ煙突の69616〔熊〕が軽やかに通り過ぎて行った。この時は9600の牽く列車は貨物1往復と旅客1往復が設定されていた。 794レ 豊肥本線滝尾~下郡(信) S44(1969)/8/10

f:id:c57115:20200724193130j:plain

 下郡信号場からは一見複線区間のように見える線形は、日豊本線豊肥本線の単線並列の配線である。この先大分寄り、ゆるやかな右カーブの先に場内信号機があり、その中継のためこの位置後方に日豊本線は上り、豊肥本線は下りの、丸い形の中継信号機が建っていた。タンク車を従えた69616〔熊〕はボックス形の煙室扉ハンドルが特ちょうであった。 795レ 豊肥本線下郡(信)~大分 S44(1969)/10

f:id:c57115:20200724193301j:plain

 69616は宮地機関区引継時から熊本を離れることなく、59670と69665と共に熊本で最後を迎えた罐である。いつもの上り貨物列車はワム3、トラ3に締めくくりのワフで7輌の軽量編成であった。 794レ 豊肥本線滝尾~下郡(信) S45(1970)/8