転轍器

古き良き時代の鉄道情景

大分運転所一般公開 昭和47年

 昭和47年は春の「ひかりは西へ」のキャッチフレーズも懐かしい新幹線岡山開業と、秋の鉄道開通100年のエポックメイキングな年であった。SLブームが盛り上がったこの時代は「鉄道」が一般社会からも注目を集め始めた時かもしれない。動力車の現場に一般人が立ち入るなど考えられなかったが、「DISCOVER JAPAN」のキャンペーンと共に国鉄も広くイベントに加担するスタンスに変わり始めたように思う。振り返るとこの年は二度の一般公開が行われていた。機関車等の専門的な情報や知識に飢えていた私は広く門戸を開いた一般公開での配布物には満足できず、また撮影も大勢の人で困難を極め早々に引き上げた記憶しか残っていない。

 ●大分運転所一般公開 昭和47年5月5日

f:id:c57115:20210122161145j:plain

 昭和47年5月5日のこどもの日は大分運転所一般公開と久大本線豊後森往復の“おとぎ号”の運転が行われた。動力車は扇形庫に8620・C58・C57が、電気機関車検修庫にED76・DF50・DE10が展示された。開場前の時間だったので人物が入らずに3輌の並びが撮れた。C57とC58のナンバー115が揃う。 S47(1972)/5/5

f:id:c57115:20210122161319j:plain

 配布された「大分運転所一般公開のしおり」は運転所の概況と配置輛数、配線図が載ってこれは貴重な資料となった。 西洋紙B4左部分

f:id:c57115:20210122161354j:plain

 一般公開のしおりの右部分は展示車輌の配置図が掲載されている。実際の線路配線図のコピーでラウンドハウスとEL・DL・DC車庫部分の配線がよくわかる。広い運転所の一部分なので全体像を見たい願望が湧いてくる。この図面の左側すなわち給炭線や石炭ヤード、DL給油線、DC・PC洗浄線等の入った図を見てみたかった。これこそ当時の私が欲していた国鉄内部資料であった。 西洋紙B4右部分

 ●鉄道100年記念 運転所汽車まつり 昭和47年10月14日

f:id:c57115:20210122161533j:plain

 昭和47年10月14日は鉄道100年記念。鉄道記念日のこの日、大分鉄道管理局は「鉄道100年記念行事 運転所汽車まつり」を開催、車輌展示・SL部品展・ミニトレイン運転実演・訓練機材展・写真展・美術展・盆栽展・模擬店と多彩な催しが行われた。私の興味は罐の並びで、この時現役蒸機はC57115・C58277・D511095で他は他区からの廃車もしくは休車借入れであった。ラウンドハウスの19番から24番に展示された機関車は左からC6124〔宮〕・D511095〔延〕・D6027〔直〕・C57115〔大〕・C58277〔大〕48695〔延〕であった。D511095は秋田から南延岡へ転入したばかり、C58277はこの後志布志古江管理所へ転出、C57115は大分配置唯一の罐、DF50の予備機としてこのまま踏み留まる。C6124・D6027・48695はこの後、所属区へ戻らず小倉工場へ回送されたのかもしれない。 S47(1972)/10/14

f:id:c57115:20210122161741j:plain

 直方のD6027が大分運転所でC57115と並ぶ。現役時代の光景なら何と良かったことか。久大本線で稼働したD60はD6027のような継足しの長い化粧煙突を装備した罐はいなかった。 S47(1972)/10/14

f:id:c57115:20210122161819j:plain

 C6124は仲間5輌と共に遠く青森から宮崎へ来て日豊本線南延岡~南宮崎間で活躍した。大分運転所の扇形庫に置かれたC61を見て優等列車を牽いて大分~宮崎間を走ったらどんなに良かったかと思ってしまう。D6027と同様標識灯が付いていないので用途を終えた機関車として寂しさがこみあげる。 S47(1972)/10/14

 「鉄道100年記念行事 運転所汽車まつり」の配布物は鉄道関連から旅行案内、踏切安全啓発と多彩であったが興味を惹かれたは次のパンフレットである。

f:id:c57115:20210122161933j:plain

 大分運転所案内 B4 2ツ折 表紙と裏表紙

f:id:c57115:20210122162005j:plain

 内容は大分運転所の沿革と現状、動力車受持運転区間、車輌配置と1日当走行キロが記載されている。昭和35年3月に大分機関区と大分客貨車区が合併して全国で一番大きな組織になったこと、柳ヶ浦・佐伯・南延岡に支所を置き、運転線区は九州全域に及ぶことが綴られている。興味ある数値は1日1車当りの走行キロでELー311.3/DF50ー392.6/DE10ー157.9/SLー0/DCー451.4/PCー156.8とあり、DF50の酷使が感じとれる。またSL稼働車のC57115は予備機の為カウントされていないと思われる。

f:id:c57115:20210122162209j:plain

 日豊本線大分ー延岡間CTC A4変形4ツ折 表紙と裏表紙

f:id:c57115:20210122162237j:plain

 CTCとは列車集中制御装置の略称で、各駅のポイントや信号機の取扱いをコントロールセンターで集中して操作できるようにしたもの。大分ー延岡間122㎞のブロックごとの駅数が示されている。写真の集中表示盤に示された線路配線図に列車が進入すると点灯したり列車番号が出るこの装置を見て、このような仕事ができたらと国鉄への憧れが膨らむ。

f:id:c57115:20210122162326j:plain

 「ひかり」は西へ B4 2ツ折 表紙と裏表紙
 「全国新幹線網の構想は昭和60年ごろには全国の主要都市が新幹線で結ばれることになります」と記載されている。夢ふくらむ時代であったと回顧する。

f:id:c57115:20210122162431j:plain

 新幹線岡山までの開業でもたらされたスピードアップとその後の博多開業への期待が込められている。「九州内では振子電車やガスタービン動車で新幹線と結びスピードアップをはかりますので、主要都市間の所要時間も大幅に短縮されます」が印象的。

f:id:c57115:20210122162520j:plain

 団体専用お座敷列車誕生 A3 4ツ折 表紙と裏表紙

f:id:c57115:20210122162550j:plain

 スロ81とスロフ81の車内と編成表が目を引いた。裏面は九州の観光地を線路記号で結び、「のんびり気ままに…道中たのしいお座敷列車」と団体旅行に誘っている。線路で結ばれた観光地は唐津城ー長崎おらんだ坂ー阿蘇山火口ー桜島ー日南ー別府と続き、このコースを走るとすれば唐津から唐津線筑肥線松浦線佐世保線大村線長崎本線ー佐賀線ー鹿児島本線豊肥本線鹿児島本線日豊本線志布志線ー日南線日豊本線別府着となる。実際にこのようなルートを走ったかどうかは知らないが、各線の牽引機は何だろうかと思いをめぐらせるのも楽しい。

f:id:c57115:20210122162650j:plain

 昭和47年10月14日に開催された「運転所汽車まつり」の1週間前に撮ったネガがあったことに気づいた。露出不足の薄いネガだったのでそのままネガ袋に仕舞ったままであった。改めてスキャンしてみると19番線に置かれたC6124はこの状態であった。はたして宮崎から来たものだろうか。小倉工場からまわしてもらったのではないかと勘繰ってしまう。 大分運転所 S47(1972)/10/8

f:id:c57115:20210122162739j:plain

 「運転所汽車まつり」当日はC6124のとなり20番線はD511095が入線していた。1週間前のネガはD51923が写っている。この1週間の間にD51はD51923からD511095に置換わっていた。折しもこの時は羽越本線電化で秋田機関区のD51が南延岡機関区に移動する時期と重なっていた。秋田からやって来る罐を催しに使う算段ではなかったかと思うが、そうなるとD51形式が2輌となるので都合悪く、急きょ廃車になったばかりのD6027を門鉄にお願いしたのではないかと推測する。先に来たD51923を南延岡に送り、後で来たD511095を20番線に据え付けたものと考える。催し開催に当り、機関車のやりくりに苦労した後がうかがえる。今になって思うことではあるが。 大分運転所S47(1972)/10/8

おとぎ号 日本童話祭

 日本のアンデルセンといわれた久留島武彦は大分県玖珠町出身で、久大本線豊後森駅が位置する玖珠盆地はメルヘン調のテーブルの形をした山々に囲まれて玖珠町は「童話の里」と呼ばれている。童話作家久留島武彦の功績をたたえ、昭和25年から毎年5月5日のこどもの日に日本童話祭が開催されるようになった。

f:id:c57115:20210118203031j:plain

 昭和47年5月5日こどもの日、玖珠町で開催される童話祭に蒸気機関車が牽く「おとぎ列車」が運行されると聞き、大分運転所へ駆けつけた。桃太郎に出てくる桃をかたどったヘッドマークを掲げていたのはC58277〔大〕で、入念な整備が施されていた。フロントデッキの標識灯は「大分」標記の反射板が付けられていた。ヘッドマーク下のカメラは次位のスハニ35改造の教習車オヤ3352〔分オイ〕車内で前面展望を観賞するためのものと整備掛から教えられた。D60の煙が消えた久大本線をC58が走ることに複雑な思いを抱きつつ運転所を後にした。 大分運転所 S47(1972)/5/5

f:id:c57115:20210118203246j:plain

 久大本線に半年ぶりに蒸機列車が走る。“おとぎ号”は別府~豊後森間(復路は大分まで)を往復する。C58277〔大〕は昭和41年10月の大分国体の際、お召し列車を大分から由布院、日田までをC58115〔大〕と供に牽引した実績がある。その後は豊肥本線や下郡基地の運用に就き、久大本線D60の代走がないかぎりそれ以来の走行ではないかと思われる。 久大本線南大分~大分 S47(1972)/5/5
 ●運行時刻
 往路上り:別府8:44ー大分9:05-向之原9:24-小野屋9:38-庄内9:52ー由布院10:30-豊後中村11:00-豊後森11:11
 復路下り:豊後森16:10-豊後中村16:30-由布院17:07-庄内17:29-小野屋18:03-向之原18:19-大分18:38

 豊後森機関区50周年記念誌に故村井辰雄さん撮影の写真が収められている。

f:id:c57115:20210118203420j:plain

 写真説明の記載はないが左は昭和47年5月のおとぎ号、右は昭和41年10月のお召し列車と思われる。いずれもC58277のナンバープレートが輝いている。今思うと、昭和47年5月は豊肥本線DL化目前、最後の花道にお召し機C58277をおとぎ号の牽引機に充当したのではないか、演出を図った心意気も考えられなくはない。
 左の写真は豊後森機関区の転車台で転向を済ませたC58277+オヤ3352を捉えている。良く見るとオヤ3352も方向転換しているのに気づく。前面展望観賞の配線のためオヤ33も回さなければならなかったのであろう。この列車運行はC58277+オヤ3352がセットで行われた、ということを今になって理解した。

f:id:c57115:20210118203540j:plain

 その後も毎年童話祭への列車は運転されたと思うが詳細は把握していない。昭和56年5月5日こどもの日、ひさしぶりの“童話号”を追いかけていた。この時列車名は“おとぎ号”から“童話号”に変わっていた。この前年に久大本線の客車列車はオハ47やオハ35等の旧形客車から50系客車に置換えられていて、機関車はDE10、客車は12系で運転されていた。 久大本線庄内~天神山 S56(1981)/5/5

f:id:c57115:20210118203630j:plain

 DE101021〔大〕の牽く9631レ“童話号”がホイッスルを吹聴して接近する。続くオハ12の窓は親子連れの笑顔が溢れていた。童話祭からの帰り道、楽しい思い出が詰まったスハフ12の顔が遠ざかって行った。日本童話祭はこどもの日の風物詩として連綿と続いている。 久大本線向之原~賀来 S56(1981)/5/5 

京浜急行新馬場駅開業の頃

 前記事「京浜急行高架化完成新馬場駅開業記念によせて」に関連して東京都の線路端さんから旧駅の北馬場駅・南馬場駅、新馬場駅の写真をいただく。地上駅時代の高架工事の様子がよくわかり、新駅しか知らない私は思わず唸ってしまう変遷の記録であった。

f:id:c57115:20210113141506j:plain

f:id:c57115:20210113141523j:plain

 前出の記念切符2枚の裏面。北品川~青物横丁間の高架工事の概要と駅配置の変遷がわかる。以下了解いただいた線路端さんの記録を掲載する。

f:id:c57115:20210113141626j:plain

 北馬場駅運賃表 S50(1975)/8/24 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113141655j:plain

 北馬場駅プレハブ駅舎 S50(1975)/8/24 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113141736j:plain

 京浜急行電鉄では直上高架方式といって現行路線の真上に高架線を建設し、両端の取付け部のみを仮設の線路を設ける方法で建設していた。走行の電車は都営5000形で当時は京成、都営、京急の相互乗入れが行われていた。 北品川~北馬場 S50(1975)/8/24 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113141828j:plain

 直上高架方式は新たな用地買収が少なくて済む一方で長期の工事期間を必要とする。また直上の建設工事のため現行の駅舎やホームは写真のように仮設状態になっていた。北馬場駅仮設ホームに停車中の各停浦賀行700形 S50(1975)/8/24 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113141917j:plain

 上に見える高架線が新馬場駅となるホーム。この川を挟んで北馬場、南馬場となっていたとのこと。前面2枚窓、4扉の500形が行く。 S50(1975)/8/24 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113142003j:plain

 南馬場駅を通過する特急三崎口行1000形 S50(1975)/8/24 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113142044j:plain

 南馬場駅改札口 S50(1975)/8/24 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113142121j:plain

 先に下り線が高架化され、上り線は地平のまま S50(1975)/8/31 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113142201j:plain

 北馬場駅と南馬場駅を高架化によって統合し新馬場駅となるが、過渡期として「北馬場・南馬場」という駅が存在した。写真は連結駅名看板で、隣りの駅名標記から上りホーム側設置のものと思われる。 S50(1975)/8/31 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113142247j:plain

 新駅の長~いホームの真ん中に停車する各停1000形 S50(1975)/8/31 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113142322j:plain

 南馬場駅の様子。下り線を撤去しその上に仮設通路が作られている。改札口を入るとこの通路を延々と歩いて後方の階段を上がると前写真の長いホームに出る。北馬場も同様であった。一般的な駅統合では両駅の中間地点に新駅を設けるが、新馬場では駅間があまりにも短いので、旧駅の入口をそのままに駅間をまるまるホームにしたような体裁で造られている。その結果、先に下り線が一体化駅となったものの、上り線は従来通りのため、連結した駅名を一時的に設けたものと思われる。上下線とも一体化されて初めて新馬場駅となった。 S50(1975)/8/31 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113142433j:plain

 開業日の様子。昭和46年11月から工事にかかり昭和51年10月に完成しているので約5年の歳月を要している。 S51(1976)/10/15 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113142518j:plain

 新馬場駅南口は旧南馬場駅側となる。「町をあげての大行進」がすごい。新駅誕生まで5年間待った町の期待感が伝わってくる。 S51(1976)/10/15 撮影:東京都線路端さん

f:id:c57115:20210113142606j:plain

 忘れ去っていた記念切符から端を発した新馬場駅開業のことは東京都の線路端さんのおかげで地上時代から高架化工事の過程を知ることができた。単なるつぶやきからの発展は鉄道趣味冥利につきる。

   線路端のブログ

   線路端のブログ別館 京浜急行電鉄

京浜急行高架化完成新馬場駅開業記念によせて

f:id:c57115:20210111154413j:plain

 残念ながら京浜急行の車輌は撮っていない。国鉄線撮影の際にカメラを向けた唯1枚のスナップが残っているだけだ。今振り返ると何故撮らなかったのか後悔の念に苛まれている。 品川~北品川 S49(1974)/10/17

f:id:c57115:20210111154514j:plain

 何故か「高架化完成新馬場駅開業記念」の記念入場券・乗車券のセットは所持していた。これは4枚の切符の入った封筒式入れ物。封筒の窓は中に収まった切符のナンバーが見えるようにできている。

f:id:c57115:20210111154608j:plain

 1000形と新馬場駅駅名標をあしらった入場券。この時代はまだ新駅も琺瑯看板が使われていたのだろうか。

f:id:c57115:20210111154655j:plain

 裏面の説明を記す。「北品川~青物横丁が高架になりました 8カ所の踏切が立体化」京浜急行では、環状6号線と当社線との立体交差工事と併せて、昭和46年11月から北品川~青物横丁間(約1.3㎞)の高架工事を進めてまいりましたが、昭和51年10月15日この区間が高架に切替わり、8カ所の踏切が全て立体交差となります。また、これと同時に北馬場、南馬場の両駅を統合し中間に誕生したのが新馬場駅です。

f:id:c57115:20210111154753j:plain

f:id:c57115:20210111154813j:plain

 京急電車は八ツ山橋を渡り踏切を通り過ぎると急加速、フルスピードで高架線を走り抜けるイメージがある。地平時代の旧北馬場駅、南馬場駅と高架線新馬場駅がうまくレイアウトされている。

f:id:c57115:20210111154946j:plain

  品川から雑色までの乗車で思うことは途中の独特な駅名の由来を想像することであった。

 北品川:品川から南へ向かうのにどうして「北」になるのだろう。
 新馬場:読みは「しんばば」ではなく「しんばんば」。
 青物横丁:野菜市場と関連?横丁も興味を惹かれる。
 鮫洲:海産物と関連?
 立会川:競馬場の近くとは知らなかった。
 大森海岸:海岸線は近くにあるのだろうか。
 平和島:海が近い、工場地帯のイメージあり。
 大森町国電大森駅のすぐ近く?
 梅屋敷:何とも言えない響き。屋敷の続く通りを想像した。
 京浜蒲田:空港線の旧形が大胆に大きな道路を横切っていた。
 雑色:多摩川の土手に色とりどりの草が生えているのか。
等々思いをめぐらせると各停でも飽きない乗車時間であった。

 

f:id:c57115:20210111155529j:plain

 時々2つ扉の600形を見ることがあった。クロスシート車は憧れで国電で言えば153系に当り長距離を乗る際はこれでなければと思っていた。

f:id:c57115:20210111155613j:plain

 一度だけ三崎口から品川まで乗車したことがあった。期待は600形に乗ることであったが残念ながらロングシートの1000形で旅情を味わうことはできなかった。列車種別「快速特急」は京浜急行独自の名称ではなかっただろうか。

f:id:c57115:20210111155712j:plain

 京浜急行で雑色まで乗車したのは“ピノチオ模型”へ行くためであった。初めて広告の地図を見た時の“雑色下車”の雑色とは一体何線の何処なのか、不思議な印象が残っている。「京浜急行1976-10-15」の記念切符は45年前の赤い電車に乗って模型店めぐりをしたあの時代を思い出させてくれた。 鉄道模型趣味№335 昭和51(1976)年5月号6ページ広告から

さようなら宮原線号 大分舞鶴高校34回生文化祭

f:id:c57115:20210107202746j:plain

f:id:c57115:20210107202812j:plain

 宮原線廃止まであと1ヶ月となった昭和59年11月は奇しくも豊後森機関区開設50周年の月であった。50周年の式典に備えて再塗装されてきれいになったキハ0741の写真を撮り終えて、さあ次の列車までどう時間を潰そうかと思案していた矢先にヘッドマークを掲げた列車に遭遇し固唾を飲む。ブルートレインゆうづる」のヘッドマークに見えたその編成は宮原線に入ると聞きチャンス到来、惹き寄せられるように出撃体制が整った。 久大本線豊後森~恵良 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107202912j:plain

 無我夢中で列車の追跡を始める。この得体の知れない列車のことはまだ何もわからない。ただ通常単行の宮原線にこのような長大編成が入れるというのも驚きであった。まるで「ゆうづる」のヘッドマークだ。 久大本線豊後森~恵良 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107203005j:plain

 久大本線恵良~引治間は宮原線分岐点まで2本の線路が並びまるで複線の様相を呈する。宮原線久大本線と離れると雄大にカーブした上路プレートガーダーの玖珠川橋梁を渡る。 宮原線恵良~町田 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107203059j:plain

 宝泉寺で再び追いつく。ここで列車の正体がわかった。乗客は皆高校生で廃止になる宮原線に乗ってみたかったと窓越しに話を聞いた。何とこの列車は高校生が企画した「さようなら宮原線号」だった。
 大分県大分舞鶴高校34回生の文化祭は「宮原線を楽しむ旅」企画でキハ58系6連のイベント列車を走らせた。列車両サイドは異なったヘッドマークを掲げる演出は、列車運用と共に鉄道ファンの仕掛け人とイベントにたけたアイデアマンがいたものと感じられた。また請け負う分鉄局もホロ枠に設けられたヘッドマークステイからもわかるようにかなりの熱の容れようと思われる。肥後小国側のキハ581007〔熊クマ〕は「さようなら宮原線」のタイトルで宮原線6駅を連ねた鉄道地図記号のイラスト入マーク、豊後森側キハ58557〔分オイ〕はローマ字高校名と34回生を表す34と「鶴」のイラスト入マークが付く凝りようであった。 宝泉寺 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210110154611j:plain
 キハ58の車番と向きは連続写真から判明した。

f:id:c57115:20210107203249j:plain

 鶴が舞う「MAIZURU34」の手製のヘッドマークが輝く。列車は宝泉寺を出ると標高670mの高原をめざして高度を稼ぐ。素晴らしい車窓風景を満喫するにちがいない。 宮原線宝泉寺~麻生釣 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107203354j:plain

 車内の楽しそうな笑顔が伝わってくる。高原の風を受けて走る6連の急行形編成は最後の宮原線を彩る惜別の画となった。 宮原線麻生釣~北里 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107203429j:plain

 「さようなら宮原線号」から何と37年の歳月が経っていた。撮影時の私は三十路前、乗車の34回生は五十路に達しているだろう。順番に並べた数本のネガは情熱の追跡劇が残り、遠いあの日がついこの間のような錯覚に陥る。 宮原線麻生釣~北里S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107203554j:plain

 笑顔と歓声を乗せて列車は小国盆地へと踏み入れる。肥後小国駅の場内信号機が歓迎のサインを出している。 宮原線肥後小国 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107203641j:plain

 往路の旅を終え生徒たちは小国町散策へ出かけたのだろうか。肥後小国駅ホームは短いが編成が収まる構内は十分な有効長が確保されている。キハ581007は長大編成対応車で昭和41年10月、鹿児島に新製配備された。前面パノラミックウインドウのタイプは1100番台のようだ。 宮原線肥後小国 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107203723j:plain

 「MAIZURU34」を掲げた豊後森側先頭車はキハ58557で反対側のマスクとは架線注意標識や手摺り、ジャンパ栓受やタイフォンカバー等若干異なっている。昭和39年9月に大分に新製配置されて以来「分オイ」一筋の車だったようだ。 宮原線肥後小国 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107203817j:plain

 サボも特製があしらわれていた。この時だけだったのか、廃止時に数多く運転された惜別臨時列車のために作られたものなのか、この区間の営業列車は存在しなかっただけに貴重な逸品であろう。

f:id:c57115:20210107203908j:plain

 帰路につく「さようなら宮原線号」は肥後小国を後にして沿線名物の竹筋橋を渡る。彼ら彼女らの見た車窓風景は思い出の構図として刻まれていることだろう。 幸野川橋梁 宮原線北里~肥後小国 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107203946j:plain

 町田川の河岸段丘を行く。宮原線復路の行程もあと少し。 宮原線町田~宝泉寺 S59(1984)/11/1

f:id:c57115:20210107204021j:plain

 陽が傾きかける頃「さようなら宮原線号」は復路最終コースを辿っていた。文化祭でこの旅を企画した大分舞鶴高校34回生の皆さんにエールを贈りたい。 久大本線鬼瀬~向之原 S59(1984)/11/1