転轍器

古き良き時代の鉄道情景

美祢線の白列車

 美祢線の強烈な印象を受けたホキ4700群の白列車。遠目で見るとまるで冷蔵車のような真っ白い貨物列車であった。緑萌える景色をバックに黒いD51とワフ21000、白いホキ4700のコントラストがとてもすばらしかった。

 列車は小野田港発重安行。厚狭川に沿ってゆっくりと進む。乗務員がキャブから身を乗り出して前方を確認しているように見える。

 ワフ21000の煤けた車体に“広”の管理局標記がうっすらと見える。車体は黒を保っているが、下回りの軸受けは白に染まっている。

 ホキ4700の白くかすんだ車体に小野田セメントの社紋とレタリングがうっすらと読める。

 速度が遅いので長い編成をいつまでも堪能できた。

 ホッパ車の列はまだまだ続く。

 ホキ4700の列の後はセキ6000の列が続く。とても長い。ものすごい編成を見送った。 5893レ 美祢線四郎ヶ原~南大嶺 S47(1972)/8/11

 何往復もの石灰石列車をさばくため厚狭~湯ノ峠間に鴨ノ庄(信)、湯ノ峠~厚保間に松ヶ瀬(信)の各信号所が設けられていた。帰りの便ですれちがったD51518〔厚〕の牽く重安行白列車が美祢線で撮った最後の写真となった。 5693レ 美祢線松ヶ瀬(信) S47(1972)/8/11

 平成時代の始め頃、美祢線のネガを六つ切の銀塩写真にしてアルバムを作った。そのキャプションは『その後美祢線の情報は何もなく、前にも後にもこれがただ一度の訪問であったので今でもあの時のまま、白列車が走っているような気がする。』と結んでいた。インターネットの時代になって美祢線の画像は豊富に見ることができるようになったが、雑誌だけが頼りの昭和の時代は美祢線の話題は希少であった。

美祢線 厚狭川に沿って

 厚狭行普通列車が発車した後、美祢行返空の白いセキ編成がゆっくりと始動する。美祢線石灰石の列車本数が多く、この当時すでに小さな駅も道路の横断歩道橋のような跨線橋が設けられていた。道床は石灰石列車の往来の激しさで“白い道”と化していた。 宇部発美祢行5685レ 美祢線四郎ヶ原 S47(1972)/8/11

 小野田セメントの専用車ホキ4700はセキ6000に蓋を被せたような形態で石灰の粉が付着した白い貨車であった。美祢線石灰石輸送は2系統あり、重安発が小野田セメントで小野田港行、美祢発が宇部興産宇部港行であった。小野田セメントの編成は緩急車が付いて列車の体裁を成していたが、セキ6000の編成は緩急車が省略されていた。 D511026〔厚〕の牽く重安発小野田港行5894レ 美祢線四郎ヶ原~南大嶺 S47(1972)/8/11

 厚狭川左岸で下り列車を待つ。

 美祢線が趣味誌で紹介される機会が少なかったのは、それなりの列車本数がありながら積車編成は下り込み、空車返送で力行はするものの逆向きの運転形態がその理由と思われる。そうは言っても厚狭川沿いの河岸段丘を行くきれいに揃った清一色の専用編成は魅力であった。 宇部港発美祢行5687レ 美祢線四郎ヶ原~南大嶺

 厚狭川右岸から上り積車編成を見送る。石灰石満載のセキ6000の列は軽快に坂をかけおりて行く。セキ6000に混じって斜めアングルの入った古豪セキ1000の姿も見える。 5690レ 美祢線四郎ヶ原~南大嶺 S47(1972)/8/11

 煙たなびく編成美が撮れると待っていると、やって来たのはエンジン音を対岸に轟かす真新しいDD51だった。

 鉄橋から辺りに響き渡るリズム正しいボギー貨車のジョイント音が切れ目なく続く。 5689レ 美祢線四郎ヶ原~南大嶺 S47(1972)/8/11

美祢線 カラーフィルムの記憶

 昭和47年の夏休み、夜行列車に2泊して日豊本線筑豊本線美祢線をはや足で駆け巡った。借り物のカメラ2台にモノクロとカラーフィルムを装填して格好は良かったが、「二兎を追う者は一兎をも得ず」で慣れないことをしたおかげて出来上がった写真は皆中途半端な構図となった。

 下関からはぶどう色の旧形国電に乗車したような気がするが、夜行疲れで眠っていたのであろう、気づいたら厚狭に到着していた。厚狭で出迎えてくれたのはD51152〔厚〕の牽くセキ6000編成であった。 厚狭 S47(1972)/8/11

 当時美祢線の情報はほとんどなく、趣味誌に掲載された石灰石ピストン輸送ダイヤが魅力で未知の線へと誘われたように思う。大嶺支線が分岐する南大嶺に立ち寄ってみた。貴重なカラーフィルムをよく駅舎撮影に使ったなと我ながら感心する。願わくば船鉄バスのバス停看板を画面に入れて欲しかった。 南大嶺 S47(1972)/8/11

 屏風のような除煙板を持ったD511080〔厚〕の牽く編成はトラ・セラ・セキの列で、この時石炭輸送は終息していたが往時を彷彿とさせてくれる構図と思う。 重安発厚狭行780レ 南大嶺 S47(1972)/8/11

 機関車の向きは鉱山からの積車が正位で空車返送が逆向きなのは、同じ石灰石輸送の日田彦山線と同じであった。逆行運転の距離も日田彦山線の場合は外浜から石原町まで約30㌔、美祢線宇部港から美祢まで約35㌔とほぼ互角である。 宇部港発美祢行5687レ 美祢線四郎ヶ原~南大嶺 S47(1972)/8/11

 美祢線ローカルは厚狭~長門市間全線通し運用(下り1本のみ渋木~長門市)で厚狭機関区の気動車が運用されていた。仙崎までの直通運用が数往復あり、益田まで足を延ばすのもあった。宇部新川発仙崎行2735Dはキハ26+キハ30+キハ25+キハユニ15の4連で急行形と近郊形の塗色は山の緑と溶けあって眩しく映る。 美祢線 四郎ヶ原~南大嶺 S47(1972)/8/11

 蛇行する厚狭川と歩調を合せるように美祢線は右曲線から積車セキ6000の編成が姿を現した。 5690レ 美祢線四郎ヶ原~南大嶺 S47(1972)/8/11

 この区間で7本の専用貨物列車をやり過ごした。その中でただ1本だけDD51牽引があった。落成したばかりであろうピカピカのDD51が白い粉の付いたセキ6000の列を牽いて行った。 5689レ 美祢線四郎ヶ原~南大嶺 S47(1972)/8/11

D6058 磐越東線時代

 D6058〔郡〕の磐越東線時代の情景を小川秀三さんにお願いした。大分で相まみえた姿とは全く別機の様相で驚きであった。D50を9600やC58の輸送改善を目的に丙線用に軸重軽減の改造を施されたD60は、根室本線・横黒線・磐越東線紀勢本線山陰本線山口線筑豊本線久大本線に投入された。磐越東線久大本線と同時期の昭和30年から31年にかけて郡山にD60が投入されている。58号機はセメント輸送増強の際に紀伊田辺から郡山へ移ったようだ。
 D6058〔郡〕がタキ1900の列を従えてセメント工場のある大越へ向かう。 774レ 磐越東線船引~要田 S43(1968)/6/2 撮影:神奈川県 小川秀三さん

 火の粉止めが付いて印象が全くちがうD6058〔郡〕。一時大分にいたD6022もこのような火の粉止めを付けて久大本線を走っていた光景を「九州を走った汽車・電車」(奈良崎博保著/JTBパブリッシング/平成21年11月刊)で確認している。このスタイルの火の粉止めは全国に普及していたのだろうか。
 D6058〔郡〕の牽く郡山行普通貨物列車はサミットの文珠隧道を抜けて来た。 761レ 磐越東線船引~要田 S43(1968)/6/2 撮影:神奈川県 小川秀三さん

 煙突に被り物のないD6058は大分で見た時と同じ表情であるが、テンダに巨大な重油タンクが搭載されていたことは想像だにしなかったことで驚きであった。重装備を解かれて大分に来た、ということを改めて認識した。小川さん曰く、「重油併燃装置は東北地区で働くD51を中心に広く装備され、磐越東線と隣接する磐越西線で働く会津若松のD50・D51も機関助士の労力低減とボイラ出力増強目的で炭水車に1500~3000㍑の重油タンクが装備されていた」。52・58・71の九州転属の3機は撤去されて直方・大分入りしたのであろう。 774レ 磐越東線船引~要田 S43(1968)/6/9 撮影:神奈川県 小川秀三さん

 DD51803〔郡〕+D6058〔郡〕+貨車+逆D6078〔郡〕+逆D6012〔郡〕というものすごい編成に圧倒される。 774レ 磐越東線船引~要田  S43(1968)/6/9 撮影:神奈川県 小川秀三さん

 磐越東線は大越と小川郷にセメント工場があって、その原料・製品輸送を始めとした多数の貨物列車が設定されていた。旺盛な貨物輸送需要に加えて阿武隈山地の急勾配区間を越える為の重連・補機付列車が、また転車台がなかったことから逆行運転も多く多彩な運転形態が魅力であった。
 磐越東線が格好の働き場であった二軸従台車のD6058はDD51の投入で大分へ移動する。久大本線磐越東線のような貨物輸送はなく穏やかな仕業で過ごしたのは束の間、今度はDE10に追われて直方へ渡る。筑豊本線上山田線は貨物優位、逆行運転多数で再び磐越東線のような忙しさを味わったのかもしれない。
 私が惚れたD6058の久大本線時代、磐越東線時代の貴重な「記録」に感激、感動している。快く画像を提供いただいた小川秀三さんに感謝申しあげます。

D6058 シールドビーム2灯

 私の中学生時代、汽車の写真を撮りに行った時、郡山から来たD6058は当たり前のように前照灯2灯の姿で大分構内を闊歩していた。その装備が普通であると思っていた矢先の昭和45年正月に会った時は大形前照灯に交換されて大きな驚きを覚える。久大本線D60を記録してこられた神奈川県の小川秀三さんと縁あって貴重な写真を拝見する機会を得た。あの頃“確かに”見た2つ目のD6058に魅せられて時代の記録をお借りした。

 日田で発車待ちの混合列車の先頭に立つD6058〔大〕に惹きつけられる。郡山から昭和43年8月に大分に転属となった58号機は磐越東線時代のシールドビーム2灯で久大本線を稼働していた。客車2輛の混合列車は日田19:58発の久留米行で、豊後森17:33発日田18:25着の1638レの継走と思われる。当時久留米終着は2本の気動車列車だけ、客車列車はこれが唯一であった。久留米で客扱いを終え編成はそのまま鳥栖まで向かう。 696レ 久大本線日田 S44(1969)/4/4 撮影:神奈川県 小川秀三さん

 活気溢れる豊後中村に入線する列車はD6058〔大〕の牽く大分発豊後森行で大勢の乗客が待っている。構内に目をやると、本屋側ではATS-Bと標記された黒いリレーボックスのような箱が見える。その後ろは信号梃子扱い所で、梃子がひとつ倒れ、上り場内信号機の梃子と思われる。豊後中村の上り場内信号機は駅進入の線形がカーブしているからか異様ともいえる高さのある腕木式信号機が印象に残っている。ホームの下からは各信号機へつながるワイヤが伸びているのがわかる。貨物上屋は出荷される珪藻土が大量に積上げられ、後方は珪藻土の工場が堂々と建っている。駅付近一帯は白い崖が露出する珪藻土が多く産出され、工場も複数立地して製品輸送は鉄道貨物が担っていた。良き時代の鉄道情景が切りとられた大切な記録として記憶したい。 640レ 久大本線豊後中村 S44(1969)/3/31 撮影:神奈川県 小川秀三さん

 大形前照灯LP403に交換されたD6058〔大〕。副灯の取付け板が残っている。もっと久大本線で頑張ってほしかったがこの年の10月直方へ行くことになる。 640レ 久大本線天神山 S45(1970)/1/1