転轍器

古き良き時代の鉄道情景

千歳線


 千歳線は函館と札幌を結ぶ幹線の一翼を担い、山線と比べてより多くの優等列車が設定されていた。札幌〜苫小牧間のローカルは完全気動車化されていてこのような編成が走っていた。キハ21はキハ20の北海道版であるが、客車タイプで窓の小さいキハ22と比べると寒地仕様とは思えないサイドでスノープラウと前面ナンバーのレタリングで北海道車ということがわかる。 キハ2174〔札トマ〕  札幌 S50(1975)/9